貧血 症状 チェック

貧血の症状とチェック

スポンサーリンク

貧血で倒れたことがありますか?
私は倒れる所まではいきませんが、頭がクラクラして、目が回ったことが何回かあります。
原因が分からず、調べてもらったところ、貧血だったのです。
貧血は、慢性的な症状なので、すぐに治るわけにはいきませんが、ある程度、日頃から、気を使うことで予防や治療を行っていくことができます。
ここでは、最も女性に多く見られる鉄欠乏性貧血の原因や治療法についてお話ししていきたいと思います。
鉄欠乏性貧血とは?
鉄欠乏性貧血は鉄分の不足が原因で起こります。赤血球は血液の成分の一つなのですが、酸素を運ぶ役割を果たし、この赤血球の成分であるヘモグロビンは酸素と結合して、酸素を体内に運びます。
そしてこのヘモグロビンを生成するのに必要とされているのが鉄分なのです。ですので、鉄分が体内に不足するとヘモグロビンも不足してしまうため、酸素が体内に運ばれなくなってしまいます。
ところが、体の方は、酸素を体内に行き渡らせようとして心臓を激しく働かせます。だから、貧血になると、動機やめまいなどが生じるのです。
また、脳が酸素不足になると立ちくらみや失神を起こしますし、筋肉が酸素不足になりますとだるい、肩こり等の症状が現れます。他にも爪が割れやすくなったり、抜け毛、枝毛が増えるといった症状も現れるのです。

スポンサーリンク

それではこの鉄欠乏性貧血はどうしておこるのでしょうか?
原因は、女性の場合、やはり月経や分娩で多量の出血があるため、貧血が起こるのです。
また、妊娠している時や赤ちゃんに授乳している時も胎児や母乳に自分の鉄分が取られてしまうため、鉄欠乏性貧血を起こします。
その他には、胃潰瘍、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因で、出血があり、貧血を起こしている場合もあります。ですので、日頃から体の異変に気を付けて、検査や診察をうけることが大事です。
それと、過剰なダイエットや偏食も貧血の原因になります。
貧血の予防方法
貧血は日頃から食生活に気を付けることで予防することが可能です。
鉄分が多く含まれるレバー、カツオ、イワシ、鮭、あさり、菜の花、キャベツ、ほうれん草、ゴーヤ、イちご、オレンジ、メロン、柿などをバランスよく取り入れるようにしましょう。
また、鉄欠乏性貧血と診断された場合は、錠剤を内服することで、貧血を改善させることができます。内服を始めて約1ヶ月でヘモグロビンが増え、2,3ヶ月で鉄分の不足を解消することができます。
かかりつけのお医者様に相談なさってみてくださいね。
このサイトでは、貧血について具体的な症例を挙げて解説しています。参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク