赤血球 少ない 原因

赤血球が少ない原因について

スポンサーリンク

健康診断で血液検査を行うことがあります。
血液の中にはたくさんの成分が含まれているので、現在の体の状態を把握することができます。
ここで何か異常があると判断された場合には、さらに詳しい検査をするようになっています。
健康診断で行われている血液検査で、赤血球の数が少ないと診断されることがあります。
このようなときには体に何らかの症状が現れるようになっています。
赤血球が少ないということは、体に問題が発生する可能性があるので、原因や改善方法をしっかりと把握しておく必要があります。
赤血球が少ないと人間の体はどのようになってしまうのかというと、全身で酸素が不足している状態となってしまうので、貧血になったり歩くだけで息切れをしやすくなると言うような症状が現れます。
このほかには動悸がしたり、疲れやすいと感じるようになります。
頭痛や倦怠感、このほかにはめまいなどの症状を感じたり、免疫力が低下してしまいます。
女性の場合は血色が悪くなります。

スポンサーリンク

赤血球は、人間の体の中で非常に重要な働きをしています。
全身に酸素を運ぶという役割があり、1日に4万個から5万個という数が新しく作られるようになっています。
この数が少なくなるということで、体の中の細胞にしっかりと酸素を運ぶことができなくなってしまいます。
その結果、赤血球の寿命も短くなってしまいます。
なぜこのような状態となってしまうかの原因に関しては、鉄分が不足していたりビタミンB12欠乏症と言うことが考えられます。
このほかの原因としては、鉄欠乏性貧血や出血性貧血、悪性貧血なども考えられています。
女性の場合は子宮筋腫であったり妊娠中の時にも症状が現れることがあります。
スポーツではランニングをすることで物理的に壊れて少なくなるというケースもあります。
このような状態を改善させるためには、鉄分や葉酸やビタミンB12をしっかりと補給することが大切になります。
とくに肉や魚の中に含まれている吸収性のよい、ヘム鉄を積極的に摂取します。

スポンサーリンク