スポーツ 貧血 症状 解消法

スポーツ貧血の症状と解消法

スポンサーリンク

夏の熱い時期には何もしていなくても汗がたくさん出て、体力が奪われてしまいます。
この時期に注意をしなければいけないのは、夏バテです。
しかし夏バテと言ってもさまざまな症状が現れるようになっています。
熱中症や脱水、このほかには貧血や食欲低下や日焼けというようなさまざまな原因が考えられています。
またこの時期にとくに注意をしなければいけないことがあります。
それがスポーツ貧血になります。
これはどのような特徴があるのかというと、スポーツ貧血とは、スポーツが原因となって発生するもののことで、どのような選手に発症しやすくなっているのかというと、激しい運動をする人に多く見られるようになっています。
汗がたくさんでたり、尿が出たり、このほかには便の中に排泄されるヘモグロビン鉄が無くなることで、鉄分が不足した状態となってしまいます。
マラソンやバスケットボール、バレーボールというように、足の底に衝撃が加わるものは、血液中の赤血球が破壊されることで症状が現れます。

スポンサーリンク

具体的にどのような症状が現れるようになっているのかというと、疲れやすくなったり食欲不振、このほかには全身倦怠感などがあります。
だるいと感じたり、頭痛や動悸というような症状を感じることもあります。
息切れがしたり眼瞼、顔が白くなったり爪が変形してくることもあります。
また集中力がないというような状態になり、記憶が低下したり記録の伸び悩みということにもつながってしまいます。
このような状態になったときにはしっかりと治療をしなければいけません。
解消法としては次のようになっています。
スポーツ貧血の解消法は、食生活の改善が中心となります。
ここでは鉄分をたくさん含んでいる食事を心がけるようにします。
このほかには鉄分が含まれたサプリメントを服用するというのも一つの解消法となります。
鉄欠乏性貧血という診断を受けたときには、鉄剤を経口投与することになります。
このときに心がけたいのが、鉄分の吸収を促進する、ビタミンCやタンパク質を摂取するようにします。

スポンサーリンク