ヘモグロビン 多い 原因

ヘモグロビンが多い原因

スポンサーリンク

人間の体の中には血液が流れていますが、この血液の中にはたくさんの成分が含まれています。
これらの成分が正常値を保つことで人間は健康状態を保つことができるようになっています。
今の状態を確かめるために行われているのが血液検査となります。
健康診断などで行われるようになっていますが、この検査でヘモグロビンが多いと診断されることがあります。
ヘモグロビンとはどのような役割があるのかというと、酸素や二酸化炭素を運ぶ役割があります。
これは非常に大切なことで、基準値でなければしっかりと仕事をすることができません。
したがって多くても少なくても病気となってしまうのです。
血液の色が赤くなっていますが、これは鉄分を含んでいるヘモグロビンが、酸素と結合して酸化が発生しているからとなっています。
酸素をたくさん運ぶことができるように多い方がいいと考えている人がいますが、基準値におさまっているというのが理想となります。
この点をしっかりと理解しておきます。

スポンサーリンク

ではなぜ健康診断の血液検査で、ヘモグロビンが多いというようなことがあるのかというと、原因として考えられるのは病気が関係しているということです。
赤血球の中でたくさんの量を占めているので、この量を調べることで、貧血や多血症の原因になっていることがわかります。
多血症という病気がありますが、原因としては赤血球の数が多くなることです。
このほかに脱水症状が関係していることもあります。
脱水症状によって体の中の水分の量が減少してしまうと、同時に血液の量が増えてしまいます。
脱水症状は夏の熱い時期に発生するようになっていますが、感染症などで嘔吐や下痢を繰り返したときにも発症するようになっています。
標高の高いところに住んでいるという人がいますが、この場合酸素の量が薄くなっているので、血液中のヘモグロビンの濃度が薄くなっています。
酸素を取り込みやすくするためにこのような状態となっています。
このほかに喫煙やストレスが関係していることもあります。

スポンサーリンク