赤血球が少ない病気

赤血球が少ない病気

スポンサーリンク

赤血球は、人間の体の中で非常に重要な働きをしています。
これは少なすぎても多すぎてもよくありません。
基準値であると言うことが大切です。
現在どのくらいの量があるのかを判断するためには、病院で血液検査を受ける必要があります。
血液検査を受けることで、血液の中に含まれている成分の状態を確認することができます。
ここで赤血球が少ないと診断されたときには、いくつかの病気が考えられます。
赤血球が少ない病気としては、鉄欠乏性貧血や再生不良貧血というものがあります。
このほかに赤血球が少ない病気としては、溶血性貧血や悪性貧血などもあります。
けがや生理による貧血となっている出血性原因貧血というものもあります。
このほかに赤血球が少ない病気としては、ビタミンB12欠乏症や子宮筋腫などもあります。
再検査が必要と判断されるのは、体調による一時的な異常値が出たときとなっています。
また妊娠中でも赤血球の数が少ないことがあります。

スポンサーリンク

このように赤血球が少ない病気としてはいくつかのことが考えられますが、症状の一つが現れたということだけでは、血液の病気であるかどうかを判断することができません。
しかしここでいくつかの症状が同時に現れたというような場合には、血液の病気の可能性が高くなります。
赤血球を体の中で作るためには、鉄分が必要となりますが、鉄分以外にも葉酸やビタミンB12などが必要となっています。
これらが不足してしまうと、赤血球を作ることができなくなり、その結果貧血が発生してしまいます。
好酸球が増加すると、アレルギー疾患や白血病や膠原病の可能性があります。
貧血とひと言で言いますが、そこにはさまざまな症状が種類があります。
したがって一つの病気として考えることは難しくなっています。
いくつかの基礎疾患が原因となって発症していると考えるようにします。
貧血は骨髄の中の造血幹細胞が何かの原因で傷害されていることがあります。
食生活など生活習慣を見直すことも必要となります。

スポンサーリンク