赤血球が少ないとどうなる

赤血球が少ないとどうなるのか

スポンサーリンク

病院で健康診断を受けることがあります。
ここでは基本的に血液検査が行われるようになっています。
この血液検査の結果で、赤血球の数が少ないと診断されることがあります。
赤血球が少ないとどうなるのかが気になりますが、赤血球が少ないと次のような症状が体に現れるようになっています。
それは貧血になりやすくなります。
これはヘモグロビンの量が少なくなってしまうからです。
赤血球が少ないとどうなるのかというと、口内炎ができやすくなります。
男性の場合は顔色が悪くなってしまいます。
女性はメイクをしますが、血色が悪くなってしまうので、化粧ののりがあまりよくありません。
赤血球の数が少ないとどうなるのかというと、体の中で酸素をしっかりと運ぶことができなくなってしまうので、歩くだけで息切れをしやすくなったり、動悸がしたり疲れやすいというような症状に悩まされることがあります。
このように赤血球が少ないというだけで、全身にさまざまな症状が現れるのです。

スポンサーリンク

赤血球が少ないとどうなるのかというと、全身にしっかりと酸素を運ぶことができなくなってしまいます。
また赤血球そのものの寿命も短くなると考えられています。
原因として考えられることは、貧血や骨髄の再生機能の異常となります。
このほかにはけがなどの出血や妊娠をしていると言うことなどが関係しています。
赤血球が少ないという状態は、生活の中で改善をすることができます。
ここで必要となる栄養素は鉄分と葉酸とビタミンB12となります。
鉄分とひと言で言ってもいくつかの種類があります。
吸収率が高くなっているのは肉や魚の中に含まれているヘム鉄となります。
鉄分の吸収力を高めるためには、牛乳や野菜の中に含まれている非ヘム鉄を一緒にとると効果的です。
ビタミンCを一緒に摂取することで、鉄分の吸収を高くすることができます。
したがってほうれん草や小松菜などの野菜を食事の中に取り入れるようにします。
野菜よりも魚介類の方が吸収率は高くなっています。

スポンサーリンク