鉄分の少ない食品 代表

代表的な鉄分の少ない食品

スポンサーリンク

貧血の症状があるという人は、鉄分をたくさん摂取する必要があります。
したがって鉄分がたくさん含まれている食品を調べるということになりますが、逆に病気によっては、鉄分をあまり摂取してはいけないと考えられているものもあります。
このような場合には鉄分の少ない食品を選ぶ必要があります。
鉄分の少ない食品を摂取しなければいけない病気の代表的なものとしては、肝臓病となります。
肝臓病の中でも、肝硬変やC型肝炎やNASHと言うような病気の際には、鉄分を制限しなければいけません。
鉄分は人間の体に必要な栄養素となっていますが、使われないものは肝臓の中にたまるようになっています。
したがってこのような状態になると、病状を悪化させる原因となってしまうのです。
このようなときには鉄分の少ない食品を選んで食事を作る必要があります。
食事を作る際には、どのような食品があるのか、またレシピなどをしっかりと把握しておくようにします。

スポンサーリンク

具体的に鉄分の少ない食品にはどのようなものがあるのかというと、代表的なものとして野菜としてはキャベツやカボチャやたまねぎとなります。
このほかに代表的なものとしては、キノコやわかめや人参となります。
ほうれん草やパセリや枝豆、このほかには切り干し大根などは鉄分がたくさん含まれています。
食事を作るときに肉を使うという人がいますが、肉類ではレバーや赤身の牛肉は鉄分がたくさん含まれています。
したがって鶏のささみや鶏胸肉、豚ロース肉などを選ぶようにします。
魚介類では、鰹やマグロというような赤身の魚にはたくさんの鉄分が含まれています。
したがって白身の魚を使うようにします。
タコやエビには鉄分があまり含まれていません。
大豆や大豆製品を使うという人がいますが、これは良質のタンパク質を含んでいるので健康食品としては魅力的です。
しかし鉄分がたくさん含まれているので、鉄分を制限しなければいけない場合には避けるようにします。

スポンサーリンク