妊婦 貧血 数値 臨月

妊婦に多い貧血、臨月で注意すべき数値

スポンサーリンク

妊婦になると貧血になりやすくなります。
なぜかというと、胎児の成長のためにより多くの血液が必要になるためです。
妊娠すると、血液量は妊娠前の4割増しになりますが、赤血球の量は1割増し程度にしか増えません。
そのため、いわゆる血液が薄い状態になってしまい、貧血になりやすくなります。
血液量や赤血球の必要量は増えるにも関わらず、つわりなどで食事が十分にとれないことも多いため、さらに症状が悪化することが多いのです。
胎児が大きくなる臨月にはさらに症状が悪化しやすくなります。
臨月はお腹が大きくなるため血管が圧迫され、めまいやふらつきといった症状が出やすくなります。
お腹が大きいため、そういった症状が出ると体のバランスを崩しやすくなり、けがなどにつながりやすいので注意が必要です。
目安となる数値は、ヘモグロビン値が11以下、ヘマトクリット値が33パーセント以下です。
妊婦になると定期的に血液検査をするため、こうした数値は覚えておいて注意しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

もともと女性は生理の存在や食事量の少なさから、貧血になりやすいのです。
妊婦はさらに貧血が進みやすいため、日頃から注意が必要です。
可能ならば、健康診断などを定期的に受けておいて日頃の自分の血液の数値を知っておくとよいでしょう。
ある程度把握しておけば適切な対策がとれます。
臨月間近になったときも注意することが可能になります。
対策としては、食事が最も重要です。
鉄分の多い食べ物を積極的にとるようにしましょう。
ただし、鉄分の多い食材の代名詞でもあるレバーは、ビタミンAも多いため、とりすぎると胎児に悪影響があるので注意しなければなりません。
赤身の肉や魚、納豆や小松菜など様々なものから鉄分を補給しましょう。
カフェインは鉄分の吸収を阻害するので控えるとよいでしょう。
鉄分だけでなく、葉酸も重要です。
葉酸は特に食材からの十分な摂取が難しいのでサプリメントを積極的に活用しましょう。
それでも貧血になってしまったら、医師から造血剤などが処方されるので、きちんと処方し妊婦の体と胎児を守りましょう。

スポンサーリンク