ヘモグロビン 低い 輸血

ヘモグロビンが低い場合、輸血は必要?

スポンサーリンク

まず、貧血の判断として、血液検査にてヘモグロビンの値を測定し、低い場合に貧血の進行をはかっています。
貧血の進行により、身体にどのような影響を及ぼすかというと、小学校等で朝礼中にいきなり倒れてしまうなどの場面に遭遇した方も多くいらっしゃるかと思いますが、あれも貧血の場合が多いです。
貧血により血圧の低下から、特に抹消と言われる頭部や足先などに血液が十分にいき届かない状態になってしまいます。
朝礼中に倒れてしまうケースとしては、貧血状態になっており、起立の姿勢を長時間続けており、重力の関係上、頭部へ十分に血液が行き届かず、倒れてしまうということになります。
その他として、血液の働きとして大きな役割の一つが酸素を全身に運ぶという役割があります。
貧血状態になると、全身に酸素が十分にいきわたらなくなり、少しの動作で息切れがみられたりすることがあります。
極度の貧血状態は生命維持に関わる問題であり、早急に病院への受診が必要です。

スポンサーリンク

貧血の原因として、出血が大きな原因です。
その他、血液自体を造ることができないという身体構造上の障害もあります。
貧血進行具合を確認する方法として前段で書きました血液検査でヘモグロビンの測定がまず早期に行われます。
ヘモグロビンの値が低いと貧血と疑われます。
ヘモグロビンの値が低い状態が続き身体へ大きな影響がある場合に行われる処置の一つとして輸血の選択もあります。
もし貧血の状態が著しく軽い状態であれば、食事療法や鉄剤の使用等も検討になるかもしれませんが、深刻な場合には輸血を行う場合もあります。
輸血事態は点滴ではなく、臓器として行われる医療であり、効果の反面、身体に対して影響も考えられるゆえ、緊急性でない場合にはきちんと医師による説明を受けてから理解した上で行うことが大切です。
輸血を行うと、食事療法や鉄剤の投与に比べ、早期に格段にヘモグロビンの値は上昇すると言われています。
そうなると身体は楽になり、快適に過ごせるようになります。
貧血に悩んでいる場合はまずは専門医に相談が一番です。

スポンサーリンク