貧血 症状 陸上

陸上競技における貧血の症状

スポンサーリンク

まず、貧血とは、目に見える症状のことではありません。
目の前で倒れたり、めまいをおこしたり、息切れが起こったりなど様々な症状がありますが、それが目に見えたから必ずそうだ。
ということは断定できないのです。
貧血とは「体内の臓器に必要な血液がいかなくなること」です。
血液は血中のヘモグロビンを利用して、酸素を運搬する働きがありますから、ヘモグロビンが少ないと、脳に血液がいかなくなります。
そうすると、脳内の酸素を失って立ちくらみがおきるのです。
ちょっと疑いがあるのかなと感じた場合は、個人で断定する前に必ず医療機関で検査を行って、ヘモグロビン数値を確認しましょう。
また、陸上選手に貧血多いのは、運動量と発汗量にあります。
一般の人よりも多く汗をかくマラソンランナーは、発汗によって大量の鉄分やヘモグロビンを失っています。
また、走ることによって足の裏にも強い衝撃を与えています。
実は、この足裏への衝撃も血管をつぶしてしまい、ヘモグロビンや鉄が失われる原因です。

スポンサーリンク

陸上競技において、特に女性ランナーにその症状がでることが多いです。
女性の場合は月経などもあることから、非常に貧血とは近い存在になってしまいます。
急に、いつもの練習についていけなくなった。
疲れが取れにくくなった。
などの症状がでたら、医療機関での診察を受けることをオススメします。
また、貧血は高地トレーニングと同様の効果があるとされています。
最近では、わざとヘモグロビンを減らしてトレーニング効果を得ようとする選手もいるそうです。
しかし、これはあくまでも身体への大きな負担要因ですから、専門家のもとトレーニングを行うことが大切です。
陸上競技選手のなかでもマラソン選手は特にその症状が出やすい為、日々の食事だけでは補うことのできない鉄分を摂取する必要があります。
多少数値が低いなと感じたら、鉄材を処方してもらい摂取しておくことも可能です。
また、食事でも鉄分が豊富なレバーやニラなどを積極的に摂取することで、陸上競技にも十分に取り組むことが出来るでしょう。

スポンサーリンク