貧血 目の下 白い 原因

貧血だと目の下が白い状態になる原因

スポンサーリンク

貧血とは分かりやすく言うと血液の濃度が薄くなっている状態の事で、年齢や性別を問わずに誰にでも発生する可能性があります。
人間の血液の中には様々な成分等が含まれているのですが、その一つとして赤血球という物質が挙げられます。
赤血球は酸素を運ぶ役割を担っていて、全身を巡って各種臓器等に酸素を供給しています。
 しかし貧血になるとこの赤血球の量が減少したり小さくなる等の影響が出て、全身に充分な酸素を運ぶのが困難になってしまいます。
そうすると体のあらゆる部分で低酸素状態が発生して、全身に様々な症状が現われるようになります。
 そもそも貧血が発生してしまう原因についてですが、有名なものに体内の鉄分不足が挙げられます。
普段の食事等で摂取する鉄分の量が著しく減少する事によって、体内の鉄分不足が発生するというものです。
 それ以外にも何等かの理由で血液の素となる造血細胞が減少する、または造血細胞が正しく血液へと変化出来ない等も原因となり得ます。

スポンサーリンク

 貧血になった場合に現われる症状としては、酸素不足による全身の倦怠感やめまい等が挙げられます。
それ以外にもよく知られている症状の一つとして、目の下部分が白い状態になるというものがあります。
これは赤血球の中に存在しているヘモグロビンという物質が関係していて、ヘモグロビンが減少する事で発生します。
ヘモグロビンは赤い色素なので、これが減少すると本来ピンク色をしている目の下が白い状態になるのです。
鏡に向かってあっかんベーをした時に目の下が白い場合には、貧血を疑ってみたほうが良いと言えます。
 貧血の治療方法としてはまず最初に原因を突き止める事が大切で、原因によっていくつかの種類に分類されます。
原因が分かったらそれぞれの原因に合わせて、鉄分を補給する等の治療が行なわれる事になります。
また原因がはっきりと分からない場合や状態が重い場合等には、まず輸血を行って体内の赤血球を増やす処置が行なわれる事もあります。

スポンサーリンク