貧血 薬 オススメ 市販

貧血にオススメの市販薬

スポンサーリンク

貧血の中でも女性の割合が多いのが鉄欠乏性で、身体に酸素を運ぶためにはヘモグロビンが活躍しますが、血液中の鉄分が不足することによってヘモグロビンが十分に作られず、身体は酸素不足となり、酸欠から立ちくらみなどの症状を引き起こしやすくなります。
原因の多くは食生活の乱れで、食事制限をかけたダイエットなどで鉄分が不足してしまいます。
また女性の場合には、生理や出産などによる出血によっても鉄分が失われがちです。
立ちくらみを引き起こすだけではなく、心拍数が高くなることで動悸や息切れ、めまいなども症状として現れやすくなります。
緩和や改善させるには市販されている薬を服用することも望ましく、オススメの市販薬の成分には鉄剤が配合されているタイプで、薬剤師へ相談して鉄分を効率良く補給することが大切です。
一般的に改善の兆しが見えるまでには3ヶ月は服用することが望ましく、再発予防のためには機能補助食品として提供されるサプリメントもオススメされています。

スポンサーリンク

市販薬で副作用のリスクが少なく、貧血に効果的となる成分は赤血球を作り出すビタミンB12や妊婦の場合には葉酸を服用するのも改善できる成分です。
鉄剤は胃腸を刺激してしまいやすく、デリケートな体質の女性の中にはむかつきや下痢などの副作用のリスクもあるため、表面コーティングされているタイプで抑制させることも大切です。
また空腹時ではなく、食後に服用するなどの胃腸に配慮したタイミングでの服用法もポイントです。
吸収の良いヘム鉄を配合しているサプリメントもドラッグストアや薬局などで購入可能で、また、薬が苦手な女性にオススメなのは貧血予防に効果的なプルーンなどの果実の濃縮エキスにクエン酸鉄が配合されているなど、服用しやすい味の栄養機能食品などです。
女性の鉄分不足は問題視されており、食品からは十分な量が摂取できないため、継続した摂取は大切で、身体に負担をかけないためには植物由来となる漢方薬などを取り入れることも効果的と言えます。

スポンサーリンク