離乳食 鉄分 食材

離乳食で鉄分を摂るためにオススメの食材

スポンサーリンク

離乳食では、鉄分の不足が危惧されます。
成長途中の赤ちゃんにとっては、鉄分は非常に大切な栄養素のひとつのため、不足しないように気をつけることが大切です。
離乳食において、鉄分を摂取するためには、オススメの食材がいくつかあります。
まずは、ほうれん草です。
なぜならば、ほうれん草には、多くの鉄分が含まれていることと、ほうれん草は、アレルギーなども少なく、赤ちゃんであっても安心して食べることができる食材だからです。
ほうれん草の与え方は簡単です。
まずは、大人と同じように沸騰したお湯で茹でて、冷水にとります。
その後、水気がなくなるように絞って、適度な大きさに切ります。
そして、それぞれの赤ちゃんの食べ方に合わせて、すりつぶしたり、刻んだりしましょう。
スープやお粥に入れたり、月齢が上がれば、副菜としても与えることができます。
スーパーで簡単に手に入れることができる食材でもあるため、積極的に使用することをオススメします。

スポンサーリンク

次に、離乳食で鉄分を摂るためにオススメの食材は、大豆です。
大豆は、そのままであると、かたくて離乳食には向かないと思われがちの食材です。
しかし、柔らかく煮ることによって、簡単に潰しやすくなるのです。
大豆の使用方法は、まず、大豆を一晩水に漬けてことから始まります。
これによって、大豆の中に水がしっかりと染みわたり、かたい大豆も煮ることによって、柔らかくすることができます。
そして、その後は、水を入れたまま鍋に火にかけ、30分程よく煮ます。
すると、硬かった大豆もやわらかくなるのです。
そして、離乳食で大豆を与える場合は、大豆の皮をむいてあげると良いです。
指でつまむと、すぐにむくことができます。
そして、すりこぎを使って、ペースト状にすりつぶしてあげると、赤ちゃんでも簡単に食べられるようになります。
月齢が上がるにつれて、すりつぶす大きさを少しずつ大きくしていくと、赤ちゃんにとって良いでしょう。
このように、身近にある食材を使って、離乳食でも簡単に鉄分を摂取することができます。

スポンサーリンク