高齢者 貧血 輸血

高齢者に貧血が発生した時の輸血

スポンサーリンク

貧血とは簡単に言うと血液の濃度が薄くなっている状態の事で、年代や性別等を問わず誰にでも発生する可能性があります。
一般的には若い女性に多いと思われていますが、実は高齢者に発生するケースというのも少なくないです。
高齢者になると血液を作り出す造血機能が衰えるので、これにより血液が薄くなって発生する事があります。
そもそも血液とは様々な成分や物質が集合して構成されていて、その中に赤血球という物質も存在しています。
赤血球とは各種臓器等に酸素を運ぶ事を役割としていて、これによって臓器等が正常に機能出来るのです。
しかし貧血になると赤血球が小さくなったり、数が減ってしまったりして全身への酸素供給が不充分になってしまいます。
その結果として各種臓器等も低酸素状態となり、全身に様々な症状が現われてきてしまうのです。
そもそも貧血が発生する原因としては代表的なものに、普段からの鉄分の摂取不足等を挙げる事が出来ます。
それ以外にも上記したように高齢者の場合等は造血細胞の減少や、造血細胞を血液へと変化させる機能の低下等も原因となる事があります。

スポンサーリンク

貧血になった場合に現われる症状としては、全身の酸素不足から発生する倦怠感やめまい等が挙げられます。
それ以外にも脳も酸素不足の状態になるので、目が見えなくなる等の症状が現われるケースも少なくないです。
貧血の治療方法についてはまず最初に検査等で原因を突き止めて、原因の種類別に分類する事から始まります。
原因がはっきりとしたらそれぞれの原因に合わせて、鉄分補給を行う等の治療を開始する事になります。
また状態が重い場合や原因が分からない場合には、輸血を行って体内の赤血球を増やすという処置が行なわれる事もあります。
確かに輸血は貧血の改善効果を期待する事が出来ますが、いくつか注意点もあるので気を付ける必要があります。
貧血の輸血で注意するべき点の代表的なものとしては、他人の血液に対するアレルギー反応が挙げられます。
輸血で用いられる血液は基本的に他人の血液になるので、人によっては皮膚の痒み等のアレルギー反応が発生する事があります。
それ以外にも現在ではごく稀なケースですが、血液を媒体とする感染症への感染の可能性等も考えられます。
そのため輸血という治療方法を行なうか否かについては、医師の話を充分に聞く等して慎重に判断する事が大切です。

スポンサーリンク