貧血 症状 耳

貧血による耳の症状について等

スポンサーリンク

貧血とは簡単に言うと血液の濃度が薄くなってしまうというもので、年代や性別等を問わず誰にでも発生する可能性があります。
人間の血液の中には様々な成分等が含まれていて、何等かの理由で構成する成分が減少する事でこの状態に陥ります。
 血液の中には赤血球という物質があるのですが、この赤血球には全身を巡って酸素を届ける役割があります。
貧血になると赤血球も減少してしまうので、全身が酸素不足の状態になり様々な症状が現われるようになります。
 また赤血球以外にも血液の中にはタンパク質やビタミン等も含まれていて、貧血になるとこれらも減少する事が少なくないです。
タンパク質やビタミン等は赤血球を作る上で大切なものなので、これらが不足する事でも赤血球が少なくなってしまいます。
 貧血が発生する原因については複数ありますが、代表的なものとしては普段の食事等で摂取する鉄分の量が著しく低下する等が挙げられます。
それ以外にも血液の素となる造血細胞が何等かの理由で減少したり、造血細胞が正常に血液へと変化出来ない等の原因で発生する事もあります。

スポンサーリンク

 貧血が発生した場合に現われる症状としては、全身の酸素不足による倦怠感やめまい等が挙げられます。
それ以外にも耳鳴りや耳が遠くなる等といった、耳に関する症状が現われるケースもあります。
この耳に関する症状も酸素不足が原因となっていて、耳の器官に充分に酸素が届かない事でこれらの症状が現われます。
 貧血の治療方法については最初に原因を突き止める事から始まり、原因によっていくつかの種類に分類されます。
この原因が突き止められたところで、それぞれの原因に合わせた治療を開始する事になります。
例えば鉄欠乏性の場合には体外から鉄分を補給する事で、症状の改善等を期待する事が出来ます。
 ちなみに原因がはっきりしない場合や状態が重い場合には、まず輸血を行って赤血球を増やす等の処置が取られます。
 こうした病院での治療と共に予防対策としても有効な事として、普段から意識して鉄分を摂取する事が挙げられます。
また鉄分と合わせてタンパク質やビタミンもバランス良く摂るようにすると、更に高い効果を期待する事が出来ます。

スポンサーリンク