貧血 数値 5 輸血

貧血の数値が5の場合、輸血は必要?

スポンサーリンク

通常は11以上なければいけない数値が5の場合、入院して輸血を行う貧血治療が必要になります。
入院が必要というのはほかに血液がでてしまっているかを検査することも必要で、胃や大腸の内視鏡検査や婦人科検診などをすすめられて、子宮筋腫などになっていないかも調べます。
鉄の不足はレバーやほうれんそう、ひじきなどで補いますが数値が5になっている場合は錠剤で補う方がよいと思います。
ヘモグロビンは血液中で酸素と結びついて体内に酸素を運ぶ役割を果たしています。
これだけ低値だと体が酸素不足になっているのは想像に難くありません。
めまいやたちくらみ、階段の昇降で息切れになったりすることと思います。
貧血にはいろいろな種類があり、鉄欠乏貧血が女性にはとても多いです。
女性は定期的に出血しますので繰り返すことも多々あります。
また、無理なダイエットも影響していることもあります。
珍しい病気ではなく多くの人が該当するものです。
しかしながら大きな病気の初期症状だったりすることもあります。

スポンサーリンク

長期の入院が必要になったり、さらには命にかかわることもあります。
数値が低いことは大変なことなのです。
5の場合は輸血が必要になることもありますので入院が必要になることと思います。
酸素を多く送り込もうとして心臓病に発展することもあるのです。
自身で調べる方法はまぶたの裏をみるという方法です。
裏が真っ白ならば貧血ですので注意が必要です。
正常な状態は赤みがある状態です。
そのほか疲労感、倦怠感、たちくらみ、めまい、耳鳴り、呼吸困難などがあります。
数値が5で鉄剤や薬の投与、出血により血液が不足している場合は輸血も行います。
5という数値は大変な値なのです。
めまいや倦怠感の他に白血球の不足により免疫の低下や血小板の不足により止血がしにくくなることがあります。
重症化すると骨髄移植が必要な場合があります。
生存率は80%を超えていますが以前は30%をきるような生存率でした。
自己免疫性溶血性貧血という症状もありこちらも輸血が必要になります。

スポンサーリンク