鉄分 吸収時間

鉄分の吸収時間について

スポンサーリンク

体の中の鉄分が不足している状態のことを貧血といいます。
貧血になると体にさまざまな症状が現れるようになっています。
したがって日頃から鉄分がたくさん含まれている食事を心がけるようにします。
鉄分は体に吸収されにくくなっています。
したがって非常に厄介です。
普通に食事をしているという人でも、鉄分が不足していることもあります。
このような場合には食事だけではなくサプリメントを活用することが大切です。
ここで気になるのがサプリメントの利用方法です。
吸収を阻害する成分があるので、これと一緒に摂取しても効果がありません。
したがってしっかりと把握しておくことが必要になります。
吸収を阻害するものとしてタンニンがあります。
これはコーヒーや緑茶や赤ワインの中に含まれています。
このほかに加工食品の中には乳化剤や防腐剤が含まれていますが、これらも要注意となります。
逆に吸収力を向上させるものはたんぱく質やビタミンCとなります。

スポンサーリンク

また鉄分をしっかりと摂取しても、それが体の中にしっかりと吸収されることが一番となります。
そこで気になるのが吸収時間となります。
食事の中にはたくさんの成分が含まれていますが、鉄の吸収を阻害すると考えられている食物繊維やカルシウムなどがあります。
しかしこれらは体にとっては必要な栄養素となっています。
これらを摂取しないと言うことになれば、ほかの病気を発症させてしまう可能性もあります。
そこで大切なのが吸収時間となります。
食事で取り入れた成分が影響を受けないようにするための吸収時間は、食後1時間から2時間が経過してからとなっています。
この時間に鉄分が含まれているサプリメントを摂取すると有効です。
サプリメントは食前30分か、食後1時間から2時間の間に飲むのが効果があると考えられています。
これは食事によって鉄分の吸収量が変わってしまうのを避けるためとなっています。
したがってこの時間を意識するようにします。

スポンサーリンク