貧血 生理 こない 原因 治療方法

貧血で生理がこない原因と治療方法

スポンサーリンク

貧血とは簡単に言うと血液の濃度が薄くなっている状態の事で、これにより体内の酸素が足りなくなります。
血液には様々な成分が含まれているのですが、その一つにヘモグロビンというものが存在しています。
このヘモグロビンは酸素を全身に運ぶ役割をしており、この成分が正常に働く事で各種臓器等も正常に機能します。
しかし何等かの理由によってヘモグロビンの量が減ってしまうと、酸素の供給が不足して体中が低酸素状態に陥る事になります。
その結果として体が正常に機能出来なくなってしまって、貧血独特の各種症状が現われてきます。
貧血が発生する原因については複数ありますが、代表的な原因としては血液の製造に異常が起こる事が挙げられます。
具体的には血液の素となる造血細胞が不足する、または造血細胞が正常な血液に変化する事が出来ない等があります。
それ以外にも普段の食生活で摂取する鉄分の量が著しく低下すると、貧血になってしまうというのもよく知られています。

スポンサーリンク

貧血になった場合に現われる症状としては、酸素不足による全身の倦怠感やめまい等が有名です。
それ以外にも女性の場合には生理がこないという症状が現われる事がありますが、これは血液の使用を節約するという働きが原因になります。
一般的に貧血と聞くと血液中の鉄分だけが不足していると思われますが、実は他にも様々な成分が不足状態になります。
具体的にはタンパク質やビタミンC等の不足があり、これらの成分は赤血球を作る上で欠かす事の出来ない物です。
これらが不足するという事は赤血球の製造もスムーズに出来なくなるため、赤血球の不足が発生してしまいます。
そこで生理がこない状態を作る事で赤血球の使用を節約して、生命維持に必要なほうに赤血球を回すのです。
ちなみに生理がこないという状態に陥っている場合には、早めに病院を受診するのが望ましいと言えます。
病院での治療方法としては原因を突き止めて、その原因に合わせて鉄分の補給等が行なわれる事になります。
また発生の原因が分からない場合には輸血を行なう事で、体内の赤血球を増やす等の処置が行なわれます。

スポンサーリンク