貧血 治療 何科

貧血治療において具体的に何科を受診すれば良いか

スポンサーリンク

基本的に貧血になると立ちくらみがしやすくなってしまう病気となっているため、症状によっては病院で治療をうける必要があります。
その場合には何科を受診するか説明をしていくと、一般的に内科を利用すれば間違いはないです。
内科では血液検査を行っているため、そこで貧血の原因について調べていくことが多くなっています。
ですがこの病気の発症原因については大体決まっており、主に鉄分が不足することによって発生します。
そのため治療薬についてもこれを補うものが処方されることが多く、定期的に正しく服用することで症状を緩和することが出来ます。
ですがある程度原因が判明している病気でもあるため、薬ではなく食べ物から補給する方法もあります。
主にレバーやほうれん草などに多く鉄分が入っているので、これらの食材を多く食べるようにすることでも補えます。
こうすることでも病気を予防することが出来るため、病院を利用する時間が無い方にオススメと治療法となっています。

スポンサーリンク

 一般的に貧血治療においては鉄分不足が原因となっていることが多く、内科というクリニックや病院を受診することで解決します。
ですが女性の場合には内科ではなく婦人科を受診した方が良いこともあり、理由として生理が関係しています。
女性は生理になると大量の出血をすることになるので、自然と鉄分についても失われやすい体質となっています。
その場合においては内科より専門的な治療が出来るため、婦人科を受診した方がメリットがあります。
また妊婦の方が同様の症状を発症した場合においては、かかりつけの産婦人科を受診した方が良いこともあります。
理由として母体にいる胎児に影響を与えることがあるため、産婦人科で検査を行っていきます。
こういった場合には鉄分補給では完治しないことがあるため、婦人科などで専用の薬を処方してもらいます。
内科以上に効果があってかつ安全な薬が処方されるため、母体に負担や悪影響を与えないのもポイントとなっています。

スポンサーリンク