ヘモグロビン 多い 原因

ヘモグロビンが多い原因

スポンサーリンク

人間の体の中にはたくさんの血液が流れています。
これによって生命活動を維持しています。
そのなかで血液の中にはヘモグロビンという成分があります。
これは酸素や二酸化炭素を運ぶという働きをしています。
非常に重要な働きをしており、ヘモグロビンが基準値でなければ、体にさまざまな症状が現れるようになっています。
少なくても多すぎてもいけないのです。
これは血液中の赤血球の中に含まれる成分の一つとなっています。
人間が生きていくためには、呼吸をして体の中に酸素を取り入れなければいけません。
このときに取り入れられた酸素を全身に運ぶという非常に大切な働きをしています。
吸い込んだ空気が肺の中に入ってきますが、ここから酸素だけが取り出されるようになっています。
ヘモグロビンは生きていく中で非常に大切なものとなっていますが、基準値が気になります。
男性と女性で違いがありますが、男性は13.1から16.6となっています。
女性は12.1から14.6となっています。

スポンサーリンク

したがって多ければいいと言うことではありません。
基準値の中に収まっているというのが理想です。
したがって多いと言うことになると病気の可能性が考えられています。
健康診断で血液検査が行われるようになっていますが、ここで多いと診断されることがあります。
そのときに考えられる原因は次のようになっています。
ヘモグロビンは赤血球の中のたくさんの部分を占めています。
したがってその量を調べることで貧血であったり多血症というような病気を発見することができます。
全身状態を把握する際にも非常に有効となっています。
ここで多い原因として多血症があります。
これは赤血球が異常に増える病気となっています。
脱水症状が原因となっていることもあります。
脱水症状によって体の水分が奪われてしまうと、血液の量が増えるようになっています。
したがってヘモグロビンも高くなる傾向があります。
標高の高いところに住んでいる人も、多い傾向があります。

スポンサーリンク