貧血 輸血 費用

貧血の時の輸血費用

スポンサーリンク

貧血とは体内の血液が十分に隅々まで行きわたらないことによって酸素が行きわたらず、酸欠状態になってめまいや立ちくらみをおこすことをいいます。
そのため輸血を行うことになりますが、同じ血液型の他の人の血液が輸血されると副作用が心配されます。
しかし副作用が起こることは滅多になく、起こるとしても輸血のすぐ後に発熱などの症状がでます。
医師や看護師がついて看てくれるので心配する必要はありません。
輸血には赤血球と血小板等の2種類があり、費用は異なります。
どちらも健康保険が適用されますが、およその費用としては赤血球の場合で17000円前後、血小板等の場合で80000円前後となっています。
貧血は特に女性がおこるケースが多く、無理なダイエットが原因となることも多いです。
鉄分やビタミンの摂取不足が原因であることも多いため、ダイエットによって十分に食べないことが主な原因となることがおおいのです。
食べるかわりにサプリメントで補充すればよいと考える人もいます。

スポンサーリンク

貧血になるとめまいやたちくらみがして立っていることさえままならない状態となりますので、非常に危険です。
普段からきちんとした食生活をしていれば起こることはさほどないため、無理なダイエットや偏った食生活に注意すれば対策となります。
しかし女性が貧血が多い原因はダイエットだけでなく女性特有の毎月の月経も原因となっています。
当然ですが出血量が多いと貧血症状となりますしこれをコントロールすることはできません。
毎月の出血量が多く貧血の症状がある方は一度産婦人科で原因をつきとめるために検査してもらう必要があります。
そうしないと車の運転中などにめまいを起こすと取り返しのつかないことになり莫大な費用も必要となります。
手術をする場合には輸血がつきものでその際には大量の血液の入れ替えとなることもあります。
他人の血が体内に入ったからといって生きていけなくなるわけではなく、その後も自分の体の中で血がつくられていきます。

スポンサーリンク