ヘモグロビン 増やす 食事

食事でヘモグロビンを増やす方法や注意点

スポンサーリンク

ヘモグロビンの主な原料である鉄が不足するとヘモグロビンが作られなくなりますが、ヘモグロビンが不足すると血液が酸素を運搬する能力が低下するので貧血を起こすようになります。
貧血には再生不良性貧血や悪性貧血、溶血性貧血などがありますが、ヘモグロビンの不足が原因で起こる貧血を鉄欠乏性貧血といいます。
鉄欠乏性貧血が起こると心拍数が増加するので動悸や息切れなどの症状が現れたり、疲れやすくなったりすることがあります。
その他にも頭痛や胸の痛み、顔面蒼白、耳鳴りなどの症状が現れることもあります。
鉄欠乏性貧血は食事による鉄摂取量が不足することで起こることが多いですが、潰瘍やがんなどによる消化管からの出血や月経過多が起こると過剰に鉄が失われるので鉄欠乏性貧血を起こすことがあります。
また、妊娠時や授乳期は胎児の成長や母乳の分泌に多くの鉄が消費されるので鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。
また、胃を切除すると胃酸の分泌量が低下しますが、胃酸の分泌量が低下すると鉄の吸収障害が起こるので鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。

スポンサーリンク

ヘモグロビンの数を増やすことができれば鉄欠乏性貧血を予防することができますが、そのためには食生活を改善してレバーや海藻類などの鉄分を多く含む食品の摂取量を増やすことが大切です。
鉄分は良質の動物性たんぱく質やビタミンC、クエン酸やリンゴ酸などの果実酸と一緒に摂取すると吸収量を増やすことできるようになります。
そのため、食事は主食に主菜や副菜などを組み合わせてバランス良く栄養素を摂取するように心がけることが大切です。
良性の動物性たんぱく質を含む食品には肉類や魚介類、大豆製品、乳製品、卵などがありますが、これらは体の中に溜めておくことはできないので毎食少しずつ摂取することが大切です。
食事は毎日3食を規則正しくとることも大切です。
特に朝食を抜いたり、必要以上にダイエットをすると鉄欠乏性貧血を起こしやすくなるので注意が必要です。
また、インスタント食品やレトルト食品などを多用すると栄養のバランスが崩れるので、これらはなるべく多用しないようにすることが大切です。

スポンサーリンク