貧血 輸血 副作用

貧血で輸血を受けた場合の副作用

スポンサーリンク

貧血とは簡単に言うと血液の濃度が薄くなっている状態の事で、性別や年代等を問わず誰にでも発生する可能性があります。
一般的には若い女性に発生すると思われていますが、男性や高齢者に発生するケースも少なくないです。
 血液は様々な成分や物質が集まって構成されていますが、その一つに赤血球という物質があります。
赤血球は各種臓器等に酸素を運ぶ事を役目としていて、この働きにより臓器等は正常に機能します。
 しかし貧血になると赤血球が小さくなったり数が減少したりするので、全身への酸素供給が不充分になります。
こうなると臓器等が正常な働きを続ける事が難しくなり、全身にあらゆる症状が現われてきます。
 そもそも貧血が発生してしまう原因については、普段からの鉄分の摂取不足が代表的でよく知られています。
それ以外にも高齢者等になると、血液を作り出す造血機能という機能が低下する事が原因となる事があります。
具体的には血液の素となる造血細胞の減少、造血細胞が血液へと正常に変化出来ない等が挙げられます。

スポンサーリンク

 貧血になった場合に現われる症状としては、全身の酸素不足による倦怠感やめまい等が挙げられます。
それ以外にも脳が低酸素状態になると目が見えなくなったり、耳の器官が酸素不足になると耳が遠くなる等の症状も現われます。
 貧血の治療方法についてはまず最初に検査等を行い、原因の種類別に分類するところから始まります。
原因がはっきりとしたらそれぞれの原因に合わせて、鉄分の補給等の治療を施す事になります。
 それ以外にも原因が分からない場合や状態が重い場合には、輸血を行って赤血球を増やす処置が行なわれる事もあります。
 輸血という方法は貧血に対して充分に効果を期待出来るものですが、その反面で副作用が出る事もあるので注意が必要です。
輸血による副作用の代表的なものがアレルギー反応で、他人の血液に過剰に反応する事で様々な症状が現われます。
この副作用で現われる具体的な症状としては、皮膚の痒みや蕁麻疹、発熱や寒気等を挙げる事が出来ます。

スポンサーリンク