貧血 下痢 病気

貧血と下痢の関係性と他の病気の可能性

スポンサーリンク

貧血と下痢には、関係性があるのでしょうか。
実際に原因として貧血が挙がる可能性もありえます。
貧血という病気は、血が薄くなるという事で、血が薄くなると内臓などに十分な栄養や酸素が運ばれなくなるので、消化不良などを慢性的に起こし、それが下痢につながる場合があります。
貧血には、自覚症状などを伴わない場合もありますので、症状が続く方は、病院などで貧血なのかをしっかりと調べておく事が大事です。
原因がこれであれば、鉄分不足を補う事で改善されますので、改善されれば、下痢についても改善される可能性があります。
そもそも鉄分が不足すると、血液を作るための材料が少なくなるため、この病気になりやすくなります。
もしも鉄分不足が原因でない場合は、胃腸などからの出血、骨髄などの問題になってきますので、血液検査などをして他の病気の可能性も探る必要があります。
そのまま放置するとどちらにしても悪化する可能性もありますので、病院に行きましょう。

スポンサーリンク

また他の病気の可能性も考えておきましょう。
下痢が続く原因としては、胃酸の酸度が低いあるいは十分に胃酸分泌ができていない、悪玉菌が腸を支配している、自律神経などの失調、筋肉が緩んでいて硬い、胃腸が下垂して固まっている、身体が酸化しているなどの原因が挙げられます。
もし原因不明と判断した場合は、このような原因の場合があります。
胃腸の酸度などは、加齢や体調によって低下する場合があります。
胃もたれなどの症状がある場合、この酸度が低下している可能性があります。
悪玉菌は、有益な場合もありますが、ほぼ有害な働きをします。
その働きから病気を引き起こす場合があります。
自律神経は排便などを司っており、上手く機能しなければ、排便の異常をもたらす場合もあります。
筋肉が緩むと様々な場所を圧迫して、原因を作り出す可能性があります。
他の原因に関しても結果、下痢を引き起こしますが、病院に行って、治療すれば改善する可能性がありますので、早めに病院に行きましょう。

スポンサーリンク