貧血 入院 期間

貧血の入院期間について

スポンサーリンク

貧血と聞いて鉄分が不足しているだけなのでそれほど大きく考える必要がないと考えている人がいますが、決して安易に考えてはいけない病気となっています。
女性に多く見られるというような印象がありますが、これは病気の名前ではありません。
一つの症状として表されています。
軽く見ている奥には大きな病気が隠されていることがあるので、その知識をしっかりと頭に入れておくことが大切になります。
これは血液が薄くなった状態のことで、血液中赤血球の数や容積率が基準とされている値よりも低くなった状態のことを言います。
見られる症状としては一過性の立ちくらみや血圧が低下したことでめまいが起こるというようなものがあります。
起立性低血圧や慢性の低血圧症と呼ばれるものも、貧血として考えられることがあります。
しかしこれらは症状が似ていても医学的には違うものであることを理解しておきます。
なぜ女性に多く見られる症状になっているのかというと、それは月経や妊娠や母乳による子育てが大きく関係しています。

スポンサーリンク

また間違ったダイエットをすることによって、鉄分不足や出血の機会が多いと言うことが理由となっています。
男性にこのような症状が少ないのは、男性ホルモンの働きによって女性よりも貧血のリスクが少ないためとなっています。
症状を改善するためには鉄分をたくさん含んだ食事を心がけたり、鉄剤を服用すると言うことが基本となっていますが、症状があまりにもひどいという場合には入院が必要になります。
鉄欠乏性貧血の場合には基本的に鉄剤の投与と点滴が治療の基本となりますが、外来で輸血をして帰ることもできます。
しかし他の病気を伴っているという場合には検査の必要もあり入院が必要になります。
たとえば胃潰瘍や十二指腸潰瘍が原因となっている場合には、その治療のために入院が必要になります。
気になる期間ですが、病気の程度にもよりますが、3週間から1ヶ月程度となっています。
何かいつもとは違いというような体の不調や立ちくらみを感じたときには、すぐに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク