貧血で倒れる方法

貧血で倒れる方法を調べておこう

スポンサーリンク

貧血になりやすいという人は、いざという時の対処法を考えておいた方がいいかもしれません。
特に、出先で倒れてしまっては周囲にも迷惑をかけてしまうため、注意が必要です。
貧血で倒れる方法としてお勧めなのは、安全な場所かどうか事前に確認しておくことです。
例えば、コンクリートの上でいきなり倒れてしまうとなると、場合によっては頭を打ってしまうことがあります。
打ちどころが悪いと大怪我をしてしまうこともあります。
このようなことがないようにするためにも、地面が柔らかいところで倒れるようにすることが大事です。
しかし、実際には、いきなりクラッときて倒れてしまうものです。
バタッと倒れこんでしまわないようにすることがポイントです。
つまり、クラっときたら、その場にしゃがみこむようにすることをお勧めします。
これなら、地面に頭を打つこともありません。
しゃがみこむことで足腰に力が入らなくても、何とかなります。
また、周囲も具合が悪いことに気付きやすくなります。

スポンサーリンク

貧血で倒れる方法を知ることが大事なのは、倒れることで新たに別の症状が出てしまうことがあるからです。
バタッと倒れてしまうことで、足腰や頭、腕といったところをぶつけてしまうことがあります。
打撲症状を発症してしまうこともあるため、倒れ方を練習しておくといいかもしれません。
体育館や校庭などで、集会や朝礼の際、倒れてしまう生徒は少なくありません。
このような大勢の人が居る場所で倒れる場合、周囲に協力を得ることをお勧めします。
整列して話を聞いている状態となっていることから、前後あるいは両隣の人に体を支えてもらうようにします。
そうすれば、いきなりバタッと地面に倒れこんで怪我をすることもありません。
反射神経のいい人であれば、すぐに体を支えてくれます。
少し間が空いていたり、周りに誰も居なかったりするような場所では、とにかく膝を地面につくことが大切です。
ワンクッション置くことで、体を地面に打ち付けることはなくなります。

スポンサーリンク