再生不良性貧血 白血病 違い

再生不良性貧血と白血病の違い

スポンサーリンク

再生不良性貧血は、骨髄にある血液のもとになる細胞(造血幹細胞)が何らかの原因で減り、赤血球、白血球、血小板など、すべての血液細胞が減る病気です。
白血病は白血球細胞の成長過程で間違いが起こり、白血球ががん化したものです。
がん化した白血球細胞は無制限に増殖し、骨髄に侵入して、造血幹細胞の働きを抑制したり、変えてしまったりします。
また、肝臓、脾臓、脳など他の臓器に侵入することもあります。
白血病は病気の進行の速さとがん化する白血球のタイプによって、急性と慢性、リンパ球性と骨髄性の四つに大きく分かれます。
再生不良性貧血も白血病も血液の病気であり、症状は似ています。
免疫力低下による発熱・倦怠感などの風邪のような症状、顔面蒼白・息切れ・動悸・めまいといった貧血による症状、皮下出血・歯肉出血・鼻出血などの出血傾向です。
しかし、中には全く自覚症状がなく、血液検査で異常を指摘されて、初めて医療機関を訪れる人もあります。

スポンサーリンク

症状だけでは病気の診断は難しく、血液検査をおこなって血球の数とバランスを調べます。
それで異常があれば、血液内科のある専門病院で精密検査をおこないます。
特に重要なのは、骨髄生検です。
これは骨髄に細い針を刺して、骨髄細胞を取り出し、造血幹細胞と血球の成熟度を見るものです。
造血幹細胞と血球の成熟度が低下していれば、再生不良性貧血と診断され、異常な白血球細胞が極度に増殖していれば、白血病と診断されます。
双方ともに、治療によって治癒・寛解が望めます。
再生不良性貧血の場合、初期ではタンパク同化ホルモンを投与し、造血幹細胞を刺激して、貧血を改善します。
中等度の場合は、さらに免疫抑制療法をおこないます。
重症の場合には造血幹細胞移植が選択肢に入ってきます。
白血病の場合は、抗がん剤を数種類組み合わせた化学療法がおこなわれ、寛解導入をはかります。
さらにドナーがみつかれば、造血幹細胞移植をおこなうのが最良の治療といえます。
かつては予後不良といわれたこれらの病気ですが、今はさまざまな治療法によって、かなり生存率があがってきています。

スポンサーリンク