脳貧血 予防 食べ物

脳貧血の予防をしてくれる食べ物はあるのか

スポンサーリンク

椅子から急に立ち上がったら、くらくらとして目の前が真っ暗になる。
こんな症状を感じたことのある人は多いでしょう。
これは脳貧血と呼ばれる症状です。
貧血という名前ですが、血中の鉄分が足りなくて起きる鉄欠乏性貧血とは別の症状です。
特徴は、起き上がったり立ち上がったりという頭を急に動かしたときにめまいや立ちくらみ、意識が遠のく、失神するなどの症状が起こることです。
吐き気を感じる人もいるようです。
原因は、頭の中の血圧が急激に低くなってしまうことです。
脳貧血は起立性低血圧とも呼ばれていて、急に立ち上がることにより脳への血液の流れが上手くいかなくなってしまうことが原因です。
その結果脳内の酸素が一時的に不足してしまい、めまいや意識が遠のくと言った症状が現れます。
また、睡眠不足や疲労、生活の乱れなどから血圧の調節をしている自律神経が乱れ、調節を上手くすることができなくなってしまうことも原因の一つです。
対処法は、横になるなどして脳内に血液が行きやすい状態を作り、少し安静にしておきましょう。

スポンサーリンク

自分で脳貧血を予防するには、食生活と生活習慣の改善が重要になります。
血圧の調整をしている自律神経は疲労や睡眠不足が原因で本来の働きができなくなってしまいます。
しっかりとした休息やストレス解消を行うと良いでしょう。
食べ物で予防することもできます。
それは鉄欠乏性貧血のように「この食材を摂りましょう」という方法ではありません。
三食しっかりと食べることです。
栄養のバランスを考えて食べ物を食べることも重要ですが、まずは三食食べましょう。
不規則な生活は自律神経が乱れる元ともなります。
また食事をしっかりととることで身体の血行が良くなります。
そして、水分の補給もしっかりとするようにしましょう。
アルコールやコーヒー、紅茶は利尿作用があり、水分を摂っているつもりでも逆に水分を失ってしまっています。
アルコールやカフェインの入っている飲み物は控え、お水を飲むようにしましょう。
脳貧血の予防は、規則正しい生活とストレス解消を行うことなのです。

スポンサーリンク