鉄欠乏性貧血 HbA1c

鉄欠乏性貧血があるとHbA1cの値は上昇する

スポンサーリンク

HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)は、過去1〜2ヶ月の血糖の状態を把握するための指標です。
血糖値や尿糖値が検査前の食事や飲酒、検査の時間によって変動するのに対し、ほとんど影響を受けないという特徴があります。
通常、GA(グルコアルブミン)もしくは、フルクトサミンや1.5AGなどとあわせて、すでに糖尿病を治療している人の血糖コントロールの状況を知るために実施される検査です。
赤血球は骨髄で作られ、その寿命は約120日(4ヶ月)です。
ヘモグロビンは赤血球の中にある蛋白で、酸素を運ぶ役割をしています。
血液中には、赤血球や糖類、そのほかの代謝産物が流れていて、お互いに結合する性質があります。
赤血球のヘモグロビンとブドウ糖が結合したものがHbA1cです。
高血糖、つまり余分な糖が多い状態では、多ければ多いほどこの結びつきが増え、値も高くなります。
その値は赤血球の寿命の半分くらいにあたる時期の血糖値の平均を反映するのです。

スポンサーリンク

便利な指標ですが、いくつか問題もあります。
貧血がある場合に影響を受けるのです。
HbA1cの値はヘモグロビンの寿命と血糖値に依存します。
したがって、ヘモグロビンの寿命が通常よりも長くなったり短くなったりすると、正しい値が出ません。
溶血性貧血、腎性貧血など、赤血球の寿命が短くなるタイプの貧血では、HbA1cの生産量が蓄積されないため、実際の値よりも低くなります。
逆に鉄欠乏性貧血の場合、代償性に赤血球の寿命が伸びるため、実際よりも高い値にシフトします。
鉄剤を投与して鉄欠乏性貧血が改善すれば、赤血球が増えて赤血球の寿命は短くなり、HbA1cの値は低くなります。
このようなことから、糖尿病性腎症から透析になった人の場合、腎性貧血で赤血球の寿命が短くなっているため、この値が低下して改善したように見えても、実態を反映していないことになります。
そのため、日本透析医学会では、透析患者の血糖指標には、GAを推奨しています。
GAは血中タンパク質の一種であるアルブミンにブドウ糖が結合したものです。
GAは、約2週間の血糖状態を反映するといわれています。

スポンサーリンク