貧血 倒れる 痙攣

貧血が原因の痙攣、倒れる前に病院へ

スポンサーリンク

手足が震えるなどの痙攣を起こす場合の立ちくらみは、貧血などが原因の場合があります。
他の病気の可能性もありますので断定はできませんが、倒れる可能性がありますので、1日の内に何度かは血圧測定などをした方が良いでしょう。
血圧が低い場合などは、無理に体を動かしたりする事は、避けて安静にしましょう。
横になれる状況であれば、横になって休んだ方が良いでしょう。
そもそも貧血とは、どのうような病気なのでしょうか。
これは、血液が少なくなる事で体に酸素が運ばれないために、酸欠になって引き起こされます。
酸素が足りなくなる事で、全身に症状が現れる可能性があります。
生理などがある女性はこのような病気になりやすい場合もあります。
痙攣や立ちくらみの他に、倒れるなどの失神、めまいなど立っていられない状況になる可能性があります。
息切れ、動機、肩こり、だるさ、顔面蒼白、耳鳴りなど多くの様々な症状があらわれます。
爪が割れやすかったり、スプーン状になっているとこの病気の可能性が挙がります。

スポンサーリンク

一般的に鉄分不足からなる病気ですが、なぜ鉄分なのでしょうか。
それは酸素を運搬する役割のものが鉄が主成分であるため、鉄が不足するとその役割を担うものの動作不良に繋がるためです。
日常的に鉄分を摂取するためには、体の中で合成されないので、食事によって摂取しなければなりません。
一般的に鉄分を含む食品は、レバー、ひじき、納豆、しじみなどがあります。
しかし鉄分は吸収されにくいものです。
さらには男性よりも女性にとっては、生理などの女性特有の現象があるため、鉄分不足になりやすくなります。
ほっておくと上記での述べましたように、倒れる場合もあります。
ですので、倒れる前に病院に行くようにしましょう。
完治あるいは軽減する事で、日常生活への負担を減らす結果になります。
立っていられない程の立ちくらみなどを起こした場合に、外出先であれば、大事になりかねません。
軽く見ずに病院へ行き、医師の診断を受け、正しい治療で改善していきましょう。

スポンサーリンク