鉄欠乏性貧血 症状 めまい

鉄欠乏性貧血の症状は、めまい以外にもたくさんある

スポンサーリンク

鉄欠乏性貧血とは、血液中の鉄分が不足して起こる貧血のことです。
血液の成分のひとつである赤血球の中には、ヘモグロビンが含まれています。
このヘモグロビンは体内へ酸素を送るという大切な仕事をしていますが、ヘモグロビンが作られる時に大量の鉄分が必要となります。
その際鉄分が不足しているとヘモグロビンが作られなくなり、身体の必要な部分へ酸素の供給ができなくなるため貧血に繋がります。
貧血の症状がある人の90%以上が、この鉄欠乏性貧血だと言われています。
症状はだるい、疲れやすいといったものからめまいや立ちくらみ、息切れ、頭痛、顔面蒼白など多岐に渡っています。
これらには自覚症状がない場合も多いと言われています。
悪化していくと、爪がスプーンのように反り返ってしまったり口角炎、舌炎、嚥下障害が起こることもあります。
また普段食べることがないような生米、チョークや土壁などを大量に食べる異食症や秘蔵の腫れ、女性の場合には生理の周期が乱れたり止まってしまうこともあります。

スポンサーリンク

貧血の症状は徐々に進むため、症状がわかりやすく出るためには時間がかかることがあります。
普段の生活から、鉄欠乏性貧血を予防する食品を積極的に摂取していきましょう。
鉄欠乏性貧血になるのは、一般的に若い女性が多いと言われています。
若い女性は月経で大量の鉄を失ったり、妊娠中や成長期には大量に鉄分が必要とされるのですが、通常の食事量では鉄分が足りなくなったり、無理なダイエットで食事量が減ってしまい、鉄分だけではなく身体に必要な栄養素が不足してしまうという理由です。
解消法としては、まずは鉄分の摂取です。
一言で鉄分と言っても、身体に吸収されやすい鉄分と、そのままでは吸収されにくい鉄分があります。
吸収されやすい「ヘム鉄」の代表的なものはレバーやマグロなどの赤身の魚です。
吸収されにくい「非ヘム鉄」の代表的なものはやひじきや卵、乳製品などです。
非ヘム鉄の食材を食べるときには、動物性のたんぱく質を一緒に採ることで吸収率が上がります。
食材から摂取できる鉄分は少量のため、改善がみられない場合には病院から処方される鉄剤を利用する方が効果的です。

スポンサーリンク