再生不良性貧血 完治 治療 方法

再生不良性貧血を完治させる治療方法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、再生不良性貧血を完治させる治療方法というテーマでお話ししていきたいと思います。
再生不良性貧血とは、どんな病気かご存知ですか?
これは、血液を作る骨髄の造血機能が停止して、血液に含まれる赤血球、白血球、血小板の成分が減少する病気なのです。
この病気の原因の大半は不明とされており、国の特定疾患(難病)に指定されています。

 

初期症状
再生不良性貧血の初期症状は次の通りです。
-だるい
-つかれやすい
-風邪を引きやすい
そのため、自覚症状がなく、進行してしまうことも多いのです。

スポンサーリンク

また、進行が進むと更に、立ちくらみやめまい、動機、息切れを感じ始めます。
それにつれて頭痛が酷くなったり、顔色が真っ青になるようになります。
この症状の他にも、白血球が減少し、細菌への抵抗力が低下するために、発熱しやすくなり、一度、発熱すると長引く傾向があります。
血小板も少なくなり、出血すると止まらなくなるような症状も現れます。
特に、歯茎からの出血や鼻血にこのような症状が現れます。
怖いのは、このような症状がじわじわと進んでいくために、気が付かないで過ごしてしまうことです。
症状に気づいた時には、既に再生不良性貧血がかなり進んでしまっている場合が多いのです。

 

治療
治療は、病気に程度によって、変える必要があります。
治療は、主に原因となっている病気の症状を改善させる方向で行われます。
重症になってくると、骨髄移植や免疫抑制療法が行われます。

 

症状によっては、長期の治療が必要ななってきますが、完治をした例もたくさんあります。
ですので、上に挙げたような症状に気づいたら、直ちに医療機関にて診察を受け、早めに治療を開始されてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク