ヘモグロビン 低い 入院 必要

ヘモグロビンの数値が低い場合入院が必要か?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ヘモグロビンの数値が低い場合入院が必要か?」というテーマでお話ししていきたいと思います。
皆さんは、貧血とは何かご存じですか?
血液中には、赤血球という細胞があるのですが、この赤血球には、ヘモグロビンという成分が含まれています。
呼吸によって体内に酸素が取り込まれるとヘモグロビンは酸素と合体して、全身に酸素を送り出します。
ですので、ヘモグロビンの量が減ってしまうと、体内に送り込まれる酸素の量も減ってしまうのです。
この状態を貧血と言います。

スポンサーリンク

ですので、ヘモグロビンの数値が低い状態が進むと、貧血も進行してしまうのです。
場合によっては、入院も必要になってくるでしょう。
成人のヘモグロビンの正常値は、男性で13.5 〜 17.5、女性で11.5 〜 15.0です。
この数値以下になりますと、医療機関にて治療が必要となってきます。
よく、ヘモグロビンが正常値の半分以下の低い数値になると入院する方が見受けられますが、貧血にも色々な種類がありますし、実際に、入院が必要かどうかは、かかりつけの先生とご相談の上、決められることが大事です。
貧血は女性に良くある症状だから、平気と思ってほっておくのが一番、危険です。
心臓は体内のヘモグロビンの量が少ないと、その分、普通の状態よりも多くの血液を全身に送り出そうとします。
そうすると心臓への負担が半端無くかかるので、この状態が長期に渡ると心不全等の病気を併発してしまうのです。
ですので、普段から動悸、息切れ等が多くなったと思ったら、医療機関にて診察を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク