貧血 倒れる 入院 必要

貧血で倒れると入院が必要になる場合もある

スポンサーリンク

つらい貧血の症状を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。
貧血は、体が酸欠になることで起こります。
体が酸欠になる原因は、血液の中のヘモグロビンという赤血球の血色素の減少にあります。
ヘモグロビンには、体内に酸素を循環させる機能があります。
ですので、ヘモグロビンが減るとその機能も低下してしまい、体が酸欠状態に陥ってしまうのです。
貧血を起こした際の主な症状としては、脈が速くなる、息苦しくなる、体がだるくなったり疲れやすくなる、食欲がなくなる、吐き気がする、頭痛がするなどがあります。
突然めまいや立ちくらみがして倒れることもあります。
倒れるということはヘモグロビンの数値が著しく低下している可能性があるので入院が必要になる場合もあります。
貧血には何か重大な病気が隠されていることもありますので、病院で検査をすることも大切です。

スポンサーリンク

貧血の治療に用いられるのは、鉄剤の投与や輸血です。
入院が必要なほど症状が重い場合は、点滴や注射で鉄剤を集中的に投与します。
鉄剤がうまく造血に繋がらない際には輸血を行います。
食欲がなく食事の摂取が難しい場合は点滴で栄養補給もします。
症状が軽く外来で対処する場合にも点滴や注射での鉄剤投与を行いますが、内服薬のみで治療することもあります。
採血をしてヘモグロビンが増えて数値が基準値に戻っていることが確認できたら、病院での治療は終了となります。
その後は、再発予防のための対策を講じる必要があります。
カギとなるのは食生活です。
栄養バランスを意識して規則正しく3食きちんと摂取すること、ヘモグロビンを増やすための栄養素である鉄分や葉酸やビタミンB12やビタミンCを摂取すること、食事から摂取できない場合はサプリメントなどで補うことなどを心がけて健康な体をつくっていきましょう。

スポンサーリンク