貧血 倒れる 原因 対策

貧血で倒れる原因や対策

スポンサーリンク

貧血で倒れる原因は、酸欠にあります。
ヘモグロビンという血中の赤血球の血色素が減ることで起こります。
ヘモグロビンには酸素を運ぶという働きがあるので、減ることで酸素を運ぶ機能も低下して酸欠に陥るというメカニズムです。
倒れるという症状のほかに、めまいがする、動悸がする、脈が速くなる、息が切れる、吐き気がする、頭痛がする、体がだるい、食欲が減退する、体が冷えるなどもあります。
貧血が起こる原因には様々なものがあります。
食生活の乱れによる栄養不足、病気やケガによる出血などです。
女性の場合は生理による出血が原因となることもあります。
貧血の度合いによって症状の出方も異なりますが、生活に支障をきたすほどのつらい症状が出てしまうという人もたくさんいます。
その場合は、病院できちんとした治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

病院での治療として用いられるのが鉄剤の投与です。
注射や点滴で行います。
注射や点滴は血管に直接鉄剤の成分が作用するので内服薬に比べて即効性が期待できます。
すぐに症状が回復して元気になる人もたくさんいます。
鉄剤の投与が造血につながらないケースもあります。
その場合は輸血を用います。
採血をしてヘモグロビンが増えて数値が正常値に達していれば治療は終了となります。
そして貧血の再発を防ぐためには対策として、その後の食生活に気をつけることが大切です。
栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂取することが基本となります。
それに加えて、ヘモグロビンを増やす働きがある鉄分や葉酸やビタミンCやビタミンB12を積極的に取り入れることも心がけましょう。
おすすめの食材としては、マグロ、カツオ、イワシ、レバーなどです。
手軽に取り入れたい場合はサプリメントで摂取するのもおすすめです。
食生活に気をつけて貧血予防に努めましょう。

スポンサーリンク