生理痛 貧血 倒れる 防ぐ

生理痛や貧血で倒れるのを防ぐ対策

スポンサーリンク

貧血は、血液の中の赤血球のヘモグロビンという血色素の数値が下がることで起こるものです。
ヘモグロビンには酸素を運搬するという機能があるので、数値が下がることでその機能も低下してしまいます。
そうなると体が酸欠状態になり、息苦しくなったり脈が速くなったり動悸がしたりします。
吐き気や頭痛や食欲不振や倦怠感などの症状もあり、めまいや立ちくらみにより突然倒れることもあります。
貧血が起こる原因は、偏った食生活による鉄分やビタミンの不足や怪我や病気などによる出血などがあります。
女性の場合は、生理時の経血が原因となることもあります。
生理痛と貧血の症状が一気に押し寄せてきて、生活に支障をきたすほどのつらさを感じることもあります。
その際の応急処置としては、体を温めて血行を促進させることが大切です。
横になれる場合は横になって安静にしましょう。

スポンサーリンク

生理痛により貧血の症状を感じやすくなることもありますので、痛みを軽減させるために鎮痛薬を服用するのも効果的です。
そして、対策として日頃から食生活に気をつけて生理時の貧血により倒れるのを防ぐことも必要です。
そのためには、ヘモグロビンを増やす効果がある食べ物を摂取することが大切です。
ヘモグロビンを増やす効果がある栄養素は、鉄分、ビタミンC、ビタミンB12、葉酸です。
豊富に含まれている食べ物は、レバー、カツオ、イワシ、マグロ、アサリ、牡蠣、ほうれん草、小松菜、大豆製品などです。
積極的に食事に取り入れることを心がけましょう。
食べ物からの摂取が難しい場合は、サプリメントやドリンク剤などから摂取するのも効果的です。
そして、摂取した栄養素を効率よく吸収させるためには睡眠も重要になりますので、睡眠時間をたっぷりと確保することも心がけましょう。
このような対策を立てていくことで、生理痛や貧血により倒れることを防ぐ事が出来るはずです。

スポンサーリンク