脳貧血 予防 食べ物 摂取

脳貧血を予防するために摂取したい食べ物

スポンサーリンク

脳貧血と貧血は名前が似ているため混同されがちですが、実は全く違うものです。
貧血は鉄分の不足により身体に必要な酸素が行き届かなくなり息切れになっている状態だと言えますが、脳貧血は急に立ち上がったり座ったりすることで血圧が急激に下がってしまいます。
それにより脳に十分な血液が流れなくなってしまうため、めまいや立ちくらみを起こしてしまうのです。
酷い場合には失神してしまう可能性があります。
通常は自律神経が血圧をしっかりと調整してくれるため、急に立ち上がったりしてもめまいなどを起こすことはありません。
しかし生活習慣の乱れやストレスがたまることで自律神経が乱れていると、その調整が上手くいかなくなってしまうのです。
脳貧血の予防のためには、普段から食べ物に気を付けることで自分で症状を改善することもできるのです。

スポンサーリンク

脳貧血の予防のためには、まずは三食しっかりと食べるようにしましょう。
朝起きることが出来なくて食欲がわかないから朝食を抜く、ダイエットをしているから食事を少量にしすぎるなど、必要な栄養素が不足してしまっていては自律神経の働きは鈍ってしまいます。
また、普通の貧血とは違うものではありますが、鉄分を多く含んだ食べ物を摂取するのも効果的です。
鉄分と一緒にビタミンCも摂取すると、体内での鉄分の吸収率が上がるので相乗効果が期待できます。
逆に、コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインの含まれているものはなるべく摂取しないようにしましょう。
カフェインに含まれているタンニンが鉄分の吸収を妨げてしまうためです。
食事内容の改善とともに、ストレスをためないようにしたり、睡眠不足や夜更かしをやめることも自律神経のバランスを整え脳貧血の予防に有効です。

スポンサーリンク