脳貧血 症状 吐き気 原因

吐き気を伴う脳貧血の症状の原因と対処法

スポンサーリンク

朝電車に乗っているときに気分が悪くなると言うような経験をしたことがある人がいます。
このときに気分が悪くなって倒れてしまうという人もいますが、貧血と頭に思い浮かべる人も多くなっています。
しかしこれはただの貧血ではなく脳貧血と呼ばれるもので、起立性低血圧という症状となります。
立ち上がったときに立ちくらみを感じたり、急に顔色が悪くなってたくさんの汗が出るというようなこともありますが、これは脳貧血の主な症状となっています。
吐き気やめまいを伴うこともあります。
症状が軽いときには横になることで落ち着いてきますが、悪化すると意識がなくなって倒れてしまうことがあります。
なぜ冷や汗や吐き気が起こるのかが気になりますが、脳への血液の流れが一時的に悪くなることが考えられています。
人間の体内は血液が流れていますが、これは自律神経によってコントロールされています。

スポンサーリンク

しかし日常生活の中で疲れや睡眠不足やストレスなどが原因で、自律神経がしっかりと働かなくなると血液の流れも悪くなってしまいます。
そして最終的に脳貧血を引き起こしてしまいます。
血液が全身にしっかりと行き渡らなくなるので、冷や汗や吐き気、このほかにめまいなどの症状を引き起こしてしまいます。
低血圧の人が症状を引き起こしやすい傾向にあり、心臓から血液がしっかりと押し出されていれば脳へと流れる血液もスムーズになりますが、重力に逆らうことができるだけの勢いがないと脳貧血を引き起こしやすくなります。
立っている状態で顔色が急に悪くなり、汗をかいている人を見かけたときには、倒れて頭を打つと非常に危険なので、まずは横になることを優先します。
しかしそれが難しいときには椅子に座るなどをして対処します。
ベルトなど体を締め付けているものがあれば緩めるようにします。

スポンサーリンク