再生不良性貧血 白血病 違い 治療

再生不良性貧血と白血病の違いと治療法

スポンサーリンク

再生不良性貧血では骨髄が脂肪組織におきかわるために、血球全般すなわち赤血球のもとになる赤芽球だけでなく顆粒球のもとになる骨髄球やリンパ球のもとになるリンパ芽球・血小板のもとになる巨核球のおおもとの細胞である血液幹細胞が造られなくなります。
このため再生不良性貧血では、赤血球だけでなく顆粒球・リンパ球や血小板の数も少なくなります。
これに対して白血病では、白血球のもとになる骨髄球やリンパ芽球が異常に増えるという違いがあります。
この増殖のため赤芽球や巨核球の増殖や分化が抑えられ、赤血球や血小板の産生が少なくなってめまい・疲労感・息切れなどの貧血の症状や出血しやすいなどの血小板が減るための症状がでます。
また白血病でも正常な顆粒球やリンパ球が減少するために、細菌・真菌やウイルスの感染にかかりやすくなるという症状も両方の病気で共通しておこります。

スポンサーリンク

再生不良性貧血は自己の骨髄をリンパ球などの免疫細胞が攻撃する自己免疫病と考えられています。
このため治療では、異常な免疫反応を抑えるシクロスポリンなどの免疫抑制剤・攻撃するリンパ球の働きを抑制する抗胸腺細胞グロブリン抗体や赤血球の産生を高めるエリスロポエチンを産生する腎臓の細胞を刺戟するタンパク質同化ホルモンを使います。
しかし白血病では自己免疫性溶血性貧血が合併したときなど以外には、一般に免疫抑制剤を使わないという治療上の違いもあります。
再生不良性貧血の治療では、貧血や感染症を治し重い出血を防止するために、赤血球輸血・抗生物質の使用や血小板輸血がおこなわれます。
また子どもや40才以下の大人には、白血球の型が一致した供与者からの同種骨髄移植や臍帯血などによる末梢造血幹細胞移植もおこなわれます。
これらの移植は白血病に対しても実施されます。

スポンサーリンク