貧血 症状 息苦しい 原因

貧血で息苦しい症状の原因と対処法

スポンサーリンク

血液検査でヘモグロビンの数値が低いと診断されたことがある人は多いのではないでしょうか。
ヘモグロビンは、血中の赤血球の血色素で酸素を運搬するという機能を持ちます。
そのヘモグロビンの数値が低下すると酸欠の状態となり貧血を起こします。
貧血の主な症状としては、息苦しい、動悸がする、脈が速い、吐き気がする、頭痛がする、食欲がない、体がだるいなどです。
急にめまいを起こして倒れてしまうこともあります。
貧血が起こる原因には様々なものがあります。
出血が止まらないほどの大怪我、継続的な出血がある病気、食生活の乱れによる栄養不足、生理時の経血などが主な原因となります。
貧血を放置するとどんどん悪化してさらにつらい症状を引き起こす可能性もありますので、息苦しいなどの症状を感じたら早めに病院を受診してきちんとした治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

病院での治療として用いられるのは、鉄剤の投与です。
注射や点滴や内服薬で行います。
鉄剤がうまく造血につながらないケースもありますが、その場合は輸血を行います。
その後、血液検査をしてヘモグロビンの数値が正常値に戻っていれば治療完了となります。
治療完了後は、再発を予防することも意識しなければなりません。
そのためには、規則正しく健康的な生活を送ることを心がけなければなりません。
食生活は、栄養バランスを意識してヘモグロビンを増やす効果がある鉄分やビタミンを積極的に食事に取り入れることが大切です。
レバーやカツオやイワシやマグロなどがおすすめです。
代謝を上げるために適度な運動を習慣づけたり、鉄分やビタミンの吸収を高めるために良質な睡眠をとるということも心がけましょう。
食生活や生活習慣を改善させて貧血の予防をしていきましょう。

スポンサーリンク