貧血 数値 フェリチン 予防

フェリチンの数値を知って貧血を予防しよう

スポンサーリンク

毎日を生き生きと過ごすために気をつけていきたい心身の健康状態ですが、日々の忙しさに追われてついおろそかに考えがちになってしまいます。
毎日の食事や睡眠が思うようにとれないこともあるでしょう。
そのような時に陥りやすいのが貧血です。
特に女性の場合は生理があり、毎月大量に血液を失ってしまいますので、その分きちんと鉄分を補う必要がありますが、なかなか摂取するのが難しい栄養素でもあります。
通常血液検査で貧血の有無を調べる場合は、主にヘモグロビンの数値で判定しますが、これとは別に体内に貯蔵される形で存在している鉄分があるのをご存知でしょうか。
これはフェリチンといって主に肝臓や骨髄等に存在し、体内に鉄分が多くある場合の貯蔵庫のような役割を果たしています。
鉄分が不足したときにフェリチンから必要な分が取り出され、ヘモグロビンが血液を介して体中に鉄分を運んでくれるのです。

スポンサーリンク

 ここで注意したいのが貧血を判断する数値です。
実は体内の鉄分が少ない場合、フェリチンに貯蔵されている鉄分から使用されるため、ヘモグロビンの数値よりも先に減少してしまいます。
ですから血液検査でヘモグロビンの数値が正常であっても、フェリチンはすでに枯渇している可能性があるのです。
そのような状態を潜在性鉄欠乏性貧血といい、検査で判明したときにはかなり進行している状態にあるといえるでしょう。
そのようにならないためには、日常的に鉄分を摂取するよう食生活などを改める必要があります。
 鉄分はなかなか吸収しづらいミネラルのひとつですので、なるべく吸収率のよい状態で摂取する工夫が必要です。
鉄分には動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄があり、吸収率ではヘム鉄が優れていますので、豚レバーなどに代表される動物性食材から摂取していくのがお勧めです。
現在では手軽に購入できるサプリメントなども販売されていますので、必要に応じて利用するのも貧血を予防するひとつの手段となるでしょう。

スポンサーリンク