貧血 治療 運動

貧血治療に役立つ運動と注意点

スポンサーリンク

貧血になった人は体内に鉄分を吸収しにくい体になっています。
そのため、鉄分を多く含む食品を積極的に摂取しても、あまり意味が無いと言えます。
鉄分を十分に吸収出来る体を作るためには、血液の健康を維持する事が治療に繋がります。
貧血の人でも軽症である場合には、適度な運動をする事によって、血液循環を良くしたり、体内の赤血球を増やしたりしてくれる効果があると言われており、治療に適していると言えます。
しかし、無理をすると重度の貧血や、他の病気に繋がる可能性を高めてしまいます。
特に高齢者が自己判断でマラソンなどを始めてしまうと、心筋梗塞などの命に関わる病気になってしまう可能性が高くなります。
心臓に関わる持病を持っている人は更に注意が必要です。
このような事から、医師と相談した上で体への負担が少なく、無理のない運動をする事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

赤血球は、酸素を全身に送り届けるといった重要な役割を果たしています。
その赤血球が減ってしまう事で、貧血が起こっていると言われています。
基本的に貧血の治療に適していると言える運動は、ウォーキングです。
ウォーキングの場合だと、自分のペースで行える事や、心臓や足の裏への負担が少なくて済み、自分の都合の良い時間を使って気軽に行えるため、精神的にも身体的にも負担が軽く、様々な生活習慣病や病気などの予防にも効果的です。
それに対して、バレーボール・バスケットボール・マラソンなどは足の裏を強く地面に打ち付けるといった運動であるため、赤血球をその反動で潰してしまっているため、この治療には不向きだと言えます。
その事を踏まえた上で、上手に治療で自分に合った適切な運動を取り入れていく事が血液の健康を維持する事には大切です。

スポンサーリンク