妊娠後期 貧血 食事 予防

妊娠後期の食事での貧血予防

スポンサーリンク

妊娠するとお腹にいる赤ちゃんに栄養を送るために、より多くの血液が必要になります。
さらに、出産時の出血に備えて大量の血液をつくるようになります。
しかし、この血液は半分が血漿で赤血球が少ないため、普段より薄い血液になります。
また、妊娠中のつわりなどで十分な食事がとれなかったり、赤ちゃんが大きくなる妊娠後期ではより多くの血液が必要になるため、鉄分不足が起きてしまいます。
では貧血になるとどのような症状が現れるのでしょうか。
一般的には、体がだるく朝が起きられなかったり、寒気や頭痛、めまいなどの症状があります。
妊娠初期のつわりの時期より強めの症状が出ますが、体が慣れてしまっていたりして気づかないことも多いです。
妊娠後期での貧血は、赤ちゃんへの影響は少ないとされていますが低体重出生でのリスクは上がります。
また、出産時の出血量にも影響するため産後の回復が遅くなってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

では、妊娠後期における貧血を予防するためにはどうすればよいのでしょうか。
医師の診断により、鉄剤を処方してもらうという方法もありますが、出来る限り普段の食事から鉄分を摂取することが望ましいです。
では、どのような食事を心がけるべきなのでしょうか。
まず鉄分を多く含む食材を積極的に食べましょう。
例えば、レバーが代表的食材です。
しかし、レバーには鉄分だけではなく、ビタミンAも豊富に含まれています。
ビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんに害になると言われていますので、週1回を目安に食べるのがよいでしょう。
他には、卵黄や魚卵、小魚、納豆、海藻類に多く含まれています。
また、鉄分はビタミンCの食材と一緒に摂取すると吸収率が上がります。
両方を多く含んだ食材としては小松菜が挙げられます。
これらを参考に食事を見直して貧血を予防しましょう。

スポンサーリンク