貧血 検査 何科 病院

貧血の検査は病院の何科を受診するの?

スポンサーリンク

血が薄くて疲れやすいという症状に悩まされている人がいます。
このような人は一度病院で貧血の検査を行ってもらう必要があります。
しかし病院にはさまざまな診療科があるので、何科を受診すればいいのかわからないという人も少なくありません。
病院の検査では、医学的に採血検査でヘモグロビンという値が低い状態のことを言います。
血液が薄くなってしまうのが貧血となります。
これは健康診断の項目にも含まれていますが、しっかりと健康診断を受けていると必ずわかるようになっています。
しかしここでヘモグロビンの値が低くて貧血と診断されたときには、病院の何科を受診すればいいのかが気になります。
ここで迷ってしまう場合には、まずは内科を受診します。
貧血の専門と言うことで考えた場合、血液内科になりますが、必ずしも血液内科に行かなければいけないということはありません。

スポンサーリンク

一般的にはまず内科を受診し、ここで原因を調べて出血や鉄分の不足と言うことがなく、白血病などの血液の病気が関係していると言うことが分かれば、血液内科を受診する形となっています。
血液内科は大きな病院にしかないので、一般的な内科でまずは検査をして、必要であれば紹介をしてもらうという形になっています。
女性の場合は生理の際に出血が多いと感じたときには、婦人科を受診するようにします。
他の症状が見られる場合には、その症状にあわせた診療科を受診するようにします。
他に思い当たるような症状がなく、何科を受診すればいいのかわからないという人は、最初に一般的な内科を受診することで、とくに問題はありません。
内科では貧血の原因を調べる検査をしてもらうことができ、必要に応じてほかの所を紹介してもらうことができるので安心です。

スポンサーリンク