妊娠後期 貧血 食事

妊娠後期の貧血と食事管理

スポンサーリンク

鉄分が不足するとふらつきやめまいや立ちくらみが起こる事があります。
酷いときは転倒してしまったり意識が無くなってしまう人もいます。
そうならない為にも日々の食事で鉄分を摂取する事が大切です。
特に女性は月経が起こると貧血になりやすく、1日に必要な鉄分量は男性よりも多くなります。
また妊娠中の女性は赤ちゃんに栄養を補給するため多くの血液が循環されます。
貧血傾向にあると赤ちゃんに十分な栄養が届かず、低体重児や早産の可能性が出てきます。
また妊婦自身にも動悸や冷えや便秘といった症状が出てきます。
まためまいや立ちくらみの際に転倒してしまう危険性もあります。
妊娠後期は特に出産に向けて血液が必要となりますので、妊婦健診で貧血傾向にあるかどうかを調べて足りないようですと鉄剤が処方される場合があります。
出産に備えて輸血採取する事もあります。

スポンサーリンク

鉄剤を服用するデメリットは副作用として便秘になりやすく、また即効性がないのですぐには症状が改善しない事です。
妊娠後期は特に意識して日々の食事から鉄分を摂取する事が望ましいです。
鉄分を効率良く補給するには鉄分と一緒にビタミンCを一緒に摂取すると、より鉄分の吸収が良くなります。
逆に多くの食物繊維やカフェインを一緒に摂取すると鉄分の吸収が悪くなるので、それらの食材は時間を空けて飲食すると良いでしょう。
鉄分の多い食べ物としてレバーが代表的ですが、レバーにはビタミンAが多く含まれていて過剰に摂取すると赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があるので注意が必要です。
他にヒジキやカキや納豆などに多く含まれており、栄養バランスを考えて摂取する事が大切です。
妊娠後期は子宮が胃を圧迫して1回に食べれる量が減少しますので、回数を分けて食事をすると良いでしょう。

スポンサーリンク