腎臓 貧血 食事

腎臓の機能低下に伴う貧血の食事療法

スポンサーリンク

腎臓はホルモンの分泌をするという重要な働きを持っている臓器です。
その腎臓の機能が低下する事によって、赤血球を作るための働きをしているエリスロポエチンというホルモンの分泌の働きを低下させてしまい、赤血球の数が減ってしまう事が原因で起こる貧血の事を「腎性貧血」と言います。
「腎性貧血」の症状として出るのは、基本的な貧血の症状である疲れやすい・動悸や息切れが起こる・めまいがするといったものが挙げられます。
それらの症状と同時に酸素不足を引き起こしてしまうため、それを補うために心臓の機能が活発に働く事によって、心臓にも大きな負担がかかると言われています。
また、腎臓機能の低下により、低酸素を感知する感受性の低下・尿毒症による低栄養・溶血の亢進・出血傾向の出現・透析による血液の損失などの様々な症状を伴います。

スポンサーリンク

治療方法としては、薬物療法と食事療法の2つの療法を組み合わせた治療をする必要があります。
まず、薬物療法の方法としては、赤血球の作る働きを持つエリスロポエチンの分泌の手伝いをするといった効果のある、赤血球造血刺激因子製剤という薬を投与をする方法があります。
また、鉄剤などの投与も同時に行う事にも効果があると言われています。
食事療法の方法とは、病気の治療として正しい食事療法を行う事で改善が見られるという事はないのですが、適度な鉄分やたんぱく質を摂取をするといった食事内容に変えるだけで、腎性貧血を予防する事が出来るという事が言えます。
しかし、この病気の原因となっているエリスロポエチンというホルモンを分泌する働きを活性化させるためには、栄養バランスの整った正しい食事を摂る事が大切だという事が分かっています。

スポンサーリンク