動悸 息苦しい 貧血 対処

動悸、息苦しいなどの貧血の症状の対処法

スポンサーリンク

動悸、息苦しいなどの貧血の症状に悩まされたことがある人は多いのではないでしょうか。
貧血によりこのような症状が起こるメカニズムとしては、酸素を運搬する機能を持つ赤血球の血色素のヘモグロビンが減少することで、その機能も弱まり酸欠の状態になってしまうというものです。
動悸、息苦しいという症状のほかにも、めまい、頻脈、倦怠感、吐き気、頭痛、食欲不振などもあります。
ふらついて急に倒れてしまうこともあります。
貧血は、怪我や病気により出血が続いたり、乱れた食生活により栄養が偏ってしまうことが主な原因となります。
女性の場合は生理のたびにつらい貧血の症状があらわれてしまうという人もいます。
対策としては、病院でヘモグロビンを増やすための治療を受けること、食生活を見直してしっかりと栄養を摂取することが必要になります。

スポンサーリンク

病院で行う治療としては、点滴や注射で直接血管に鉄剤を投与する方法、輸血を用いる方法、鉄剤を内服薬で投与する方法などがあります。
入院で対処する場合もあれば外来で対処する場合もあります。
治療によりヘモグロビンが増えればつらい症状も改善されて元気になります。
そして、元気になったからといって油断せずにその後の食生活に気をつけて再発を予防するということも意識しなければなりません。
そのためには、ヘモグロビンを増やす効果がある鉄分、葉酸、ビタミンC、ビタミンB12の摂取を心がけましょう。
これらの栄養素を豊富に含んでいる食べ物としては、レバー、イワシ、マグロ、カツオなどがありますので、積極的に食事に取り入れましょう。
食事に取り入れるのが困難な場合はサプリメントなどで栄養を補うのも効果的です。
質の良い食生活を意識して貧血予防に努めましょう。

スポンサーリンク