動悸 原因 20代 対処

20代の動悸の原因と対処法

スポンサーリンク

貧血は成人を迎えた20代の女性に多く見られる症状です。
男性よりも女性のほうが貧血になりやすくなっていますが、これは男性ホルモンの量が違うためです。
男性ホルモンが多いと貧血になりにくく、それが少ない女性は、毎月の生理や妊娠などの生理現象として血液を失うことが多い事も含め、貧血が起きやすくなっています。
男性の場合でも、ホルモンの量が少なければ貧血になりやすく、生活習慣などが原因で症状が出る場合もあります。
貧血になると、失神や立ちくらみなどが起きるようになり、動悸息切れなどの症状もあらわれます。
道路の近くや工事現場の近くなど、危険な場所で気を失ってしまったり、倒れてしまうこともあるので、症状が治るまでは常に注意が必要です。
歩いている最中や運転中に、頭がくらくらしたり動悸息切れが起きた場合は、すぐに移動を控え症状が落ち着くまで休むことが必要です。

スポンサーリンク

20代の男女で貧血になりやすいケースとして、新しい生活を始め食生活が乱れたり、生活習慣が変わってしまったことが原因ともされています。
特に食生活の乱れは深刻な場合も多く、鉄分が充分に摂取できていなかったり、食事の量が充分ではなかったりといった極端な乱れも少なくはありません。
鉄分を多く含む食事を普段から心がけるなどの対処が必要となっています。
また、睡眠不足なども貧血の原因となってしまいます。
ストレスや肉体疲労などが残ったままだと、血液を上手く巡らせるために働いている脳が休息を取りたがり、血液の循環が疎かになって貧血に繋がる場合もあるためです。
睡眠不足や強い肉体疲労により、貧血の症状を感じた場合は、1時間でも30分でも良いので仮眠を取り、脳を休ませてあげることが必要です。
いずれも症状を軽視せず、貧血がおさまるまでその場で体を休め落ち着かせることが重要となります。

スポンサーリンク