立ちくらみ 原因 病院

立ちくらみの原因と病院に行く必要性

スポンサーリンク

立ち上がるときにふらつきを感じたり、目の前が真っ暗になったというような経験をしたことがある人がいます。
このような症状は女性に多く見られるようになっています。
お風呂に長く入っていたときに急に立ち上がると、誰でも感じるようになっていますが、症状がひどくなると気を失って倒れることもあるので注意が必要です。
立ちくらみは起立性低血圧と呼ばれています。
基本的に20歳から30歳代の女性に多く見られるようになっています。
加齢と共にその数は増加し、高齢者では約20パーセント前後の人に症状が見られるようになっています。
とくに大きな病気が関係していないときには、自律神経が関係していることが多いです。
自律神経は脳の血液の流れを守ることになっていますが、重力によって下半身にたまった血液を上半身に運ぶことができずに立ちくらみの症状が発生することがあります。

スポンサーリンク

しかし中には病気が原因していることもあります。
この場合は病院に行く必要があります。
病気が原因となっているものとしては脳貧血があります。
脳貧血というのは、立ち上がったときにふらつきやめまいを感じる症状となっていますが、原因としては赤血球の減少とは関係なく血圧の変化によって発生するようになっています。
病院を受診すると検査が行われるようになっていますが、ここではまず血圧測定が行われます。
またゆっくりと落ち着いて横になっているときの1分間の脈拍数と、起き上がってすぐの脈拍数との差が30以上合ったり、起き上がったときの脈拍数が少なくなるときには、自律神経の異常が考えられます。
立ちくらみに関しては予防をすることができます。
それは規則正しい生活習慣を心がけることです。
早寝早起きをして生活リズムをしっかりと作るようにします。

スポンサーリンク