再生不良性貧血 完治 治療法

再生不良性貧血の治療法・完治するために

スポンサーリンク

再生不良性貧血とは赤血球だけではなく、白血球や血小板といったものも減少してしまう病気で、骨髄の造血幹細胞が何かの理由で損傷することで起こると言われています。
白血球が減少することで身体を細菌感染から守ってくれる好中球が減り、感染症にかかりやすくなったり、出血しやすくなったりといった症状が現れます。
再生不良性貧血のはっきりとした原因はまだ分かっていませんが、最近は治療法も進歩し、かなりな確率で治癒できるようになりました。
ですから、再生不良性貧血は完治しないと言った誤った情報に惑わされることなく、積極的に治療を受けるようにしましょう。
初期に見られる症状としては、身体がだるい、疲れやすいといったものが多く、発病に気づきにくい側面があります。
こうした症状が長く続くようでしたら、一度専門医を受診し、検査を受けてみましょう。
初期でしたら、治療法の進化した今、完治は夢ではありません。
再生不良性貧血は厄介な病気の一つではありますが、いたずらに恐れることなく、積極的に対処していきましょう。

スポンサーリンク

再生不良性貧血の治療法には様々なものがあり、病気のステージや状態に合わせて適切な治療法を用います。
その中でも最も代表的なものは、免疫抑制療法と骨髄移植です。
免疫抑制療法とは、ある種のリンパ球の働きを抑制することで、病状を改善しようというものです。
実は、ある種のリンパ球が造血幹細胞を攻撃する働きをすることが分かってきました。
その働きを抑えることで、造血幹細胞の機能の向上を図るのです。
この免疫抑制療法で造血が向上することが認められています。
一方骨髄移植は昔からよく行われている方法で、現時点では適合するドナーが見つかれば、重症の患者さんにとっては最も有効な治療法であると言われています。
健康な人の骨髄を移植して患者さんのものと入れ替えることで、しっかりと造血する骨髄に再生します。
以上のように、今では再生不良性貧血も適切な治療法で治療を受ければかなりな人が回復し、輸血を必要としない状態になることができるようになりました。
また、完治しないまでも投薬しながら普通の生活を送ることができる人は、かなりな割合になります。
病気とは治すためにあるものです。
これからも完治する率は上がり続けることでしょう。

スポンサーリンク